家族葬の知っておきたいあれこれ

何が違う?家族葬

何が違う?家族葬 最近では、お葬式もある程度自由化されてきているので、昔と比較すると遺族や故人の希望などによって融通が利くようになってきました。そんなお葬式事情の背景からも増えつつあるのが家族葬です。その特徴をチェックしてみましょう。

増加傾向にある家族葬というのは、家族以外にも遺族が呼びたい人がいれば自由に呼ぶことができるというところが特徴です。誰を呼んで良くて誰を呼んではいけないという決まりはありません。故人や遺族が呼ぶべきと思える人達を集めてお葬式を進めていくことができるという、自由の利く点が良いところです。一般の参列者が多くいると、緊張感なども出てしまいますが、気心の知れた人が集まることで、穏やかな雰囲気の中でお葬式を行うことができるでしょう。一般的なお葬式といえば、仏式である程度形式や流れというものが存在します。そのため、一般的なお葬式となればその流れに沿って行っていくことが一般的です。しかし、家族葬の場合は、一般的なお葬式と比較すると遺族や故人の意向をお葬式の中に取り入れやすい傾向にあるので、一般的なお葬式の形に囚われるということはありません。事前に葬儀会社へどのような家族葬にしたいのかなど希望さえ伝えておけば、型にはまらない、特別なお葬式にすることもできるという点が家族葬の大きな特徴と言えます。

家族葬という言葉自体は、最近聞き覚えがあるという人が増えてきています。ただし、中には言葉自体は知っていても、実際どのようなお葬式なのか、通常のお葬式との違いを理解していないという人も少なくありません。お葬式の参列の辞退をお願いするときなどに、家族葬とはどのようなものなのかしっかりと理解しておかなければ、後々トラブルが起きてしまう可能性もあります。それを防ぐためにも、参列の辞退をお願いする時には家族葬のことについて詳しく伝えておくと安心です。トラブルが起きることを防ぎ、家族葬にしてよかったと思えるようなお葬式にしていくことを心がけましょう。

家族葬とは、形式にとらわれることなく、それぞれの意向を尊重しながらお葬式を行うことができるものです。もしも、一般的な形のお葬式にしたくないときや、遺族や故人にお葬式に求める希望などがしっかりとある時には、この形式のお葬式を選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。自分たちの希望を通すことによって、大切な故人とのお別れの時間をより良いものにしていくことができるようになります。

最新記事